美白効果を得たいなら成分をしっかりチェック!

美白成分には予防型と漂白型がある!

美白成分には、できてしまったシミにも効果がある「漂白型」と、これからできるシミを予防する「予防型」があります。

 

できてしまったシミに対して、「予防型」の美白化粧品を一生懸命使っても効果がでないのは当たり前だったのです。

 

 

アルブチンやビタミンC誘導体誘導体などの美白成分の説明を見てみると
「メラニンの生成を抑制する」
と書いてあります。

 

メラニンの生成を抑えるだけで、できてしまったシミには効果が少ないのです。

 

できてしまったシミに効果的な成分はハイドロキノン!

現在、一番効果の高い漂白型美白成分は「ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンは、病院で処方される薬にも配合されているほどで、従来の美白成分の100倍の効果があると言われています。

 

しかし、その分刺激が強く、副作用が出る可能性もあるというのがデメリットです。

 

ただ、化粧品には、副作用が出ない程度の量しか配合できないので、そこまでひどい副作用は報告されていません。

 

また、最近は化粧品メーカーの研究も進んでおり、アンプルールは「新安定型ハイドロキノン」を開発して副作用の心配もなく肌にやさしいので妊娠中うや敏感肌の方でも安心して使えるようになっています。

 

皮膚の専門家が開発した美白コスメ「アンプルール」

 

 

 

 


薬用(医薬部外品)であるかもチェック!

美白成分っていろいろあってよくわからない・・・。

 

とそんな声も聞こえてきそうですね。

 

ドラッグストアなどに行くと、安価な化粧品が得られていて、
「○○成分配合!!」
とデカデカ書いてある商品をよく見かけます。

 

でも、ちょっと待って!

 

大きく書いてあるからといってたくさん入っているわけじゃありません!

 

どんなに良い成分が入っていても、ほんのちょっぴりしか配合されていなければ効果は期待できません

 

化粧品の裏に成分表が書いてあるのですが、この成分表は配合されれている量の順番に並んでいます。
だから、どのくらい入っているかは成分表を見れるようになるのが一番なのです。

 

でも、小さな文字でカタカナや英字が並んでいるのでお手上げ・・・・という方もいると思います。

 

 

そんなかたは、その化粧品が「薬用(医薬部外品)」であるかをチェックしましょう!

 

 

「医薬部外品(または薬用)」と書いてある化粧品は、厚生労働省が美白効果を認めた成分が一定量入っているので安心です。

 

 

シミとくすみをWで攻める薬用美白コスメ