ルシノールの効果と副作用.

ルシノールの効果と副作用

ルシノールは厚生労働省認定の医薬部外品としての美白成分です。
化粧品メーカーである「ポーラ」が10年の歳月をかけて研究したという安全性の高い成分なのです。

 

効果

ルシノールの直接的な効果はメラノサイトに作用するという点です。
メラノサイトではメラニン色素を作りだしているので、これがシミの原因となります。

 

メラニン色素はチロシンという物質がチロシナーゼという酵素によって酸化するために黒くなることによってシミへと変化します。
ルシノールはこのチロシナーゼに作用して、酵素の働きを阻害するのです。

 

それによってシミになるのを予防することができます。

 

シミの予防効果としてはアルブチンコウジ酸などもありますが、それよりも浸透性が高く、極微量でも効果が発揮できるということです。

 

それはアルブチンの数万倍、コウジ酸の数百倍とも言われているのです。

 

副作用

現在までのルシノールによる副作用というのは報告されていません

 

医療の分野からも注目されているほどの安全性ということで厚生労働省認可が下りている訳なので安心して使うことができるのです。
また、ポーラ独自が行なったテストによっても毒性がないことが確認されていて、強力な美白成分で知られるハイドロキノンよりも安全性が高いといわれています。

 

レーザー治療時の色素沈着防止としても用いられる成分のため、皮膚科医が認めた成分であるという点でも敏感肌の方でも安全に使用してよいと思います。

概要

POLA化粧品の独自成分でメラニンを撃退!
ルシノールはポーラ化粧品が開発した独自の美白成分で医薬部外品として認められています。
ポーラ化粧品は数百種類という莫大な植物エキスを一つ一つ検証していき、シベリアのモミの木に含まれる成分に高い美白効果があることを発見。
この成分を改良を加えメラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの働きを抑える構造開発に成功したのです。
ルシノールの効果は、紫外線によって活性化するチロシナーゼとチロシンの合体を防ぎ、メラニンを作らせないようにすることです。