妊娠中はハイドロキノンは使えないの?

ハイドロキノンは超強力な美白成分!

ハイドロキノンは、美白成分として一番効果があると言われている成分です。

 

メラニン色素の生成を抑制するというより、生成させないように細胞に直接働きかけるのがハイドロキノン。

 

だから、お肌の漂白剤という異名が付けられているほど、優れた美白効果を持っています。

 

ただし、細胞の働きを無理に抑えてしまうのですから、ある意味細胞にとっては敵となります。

 

もちろん、ウィルスのような敵ではないので、体に対しての害はありません。
でも、それは大人の細胞だから害にはならないんですね。

 


赤ちゃんへの影響

お腹の中にいる赤ちゃんは、成人よりも細胞数がとても少ないんです。

 

そこに、もしハイドロキノンが影響してしまうと、少ない細胞の一つを破壊してしまうのですから、かなりのダメージを与えてしまいます

 

当たり前ですが、胎児は母体から栄養を吸収して成長していきます。
でも、栄養と毒物をわけて吸収することは出来ませんから、栄養とともに毒物も吸収してしまいます。

 

つまり、たかが化粧品に数パーセント配合されているハイドロキノンでも、それを吸収してしまうことがあるんですね。

 

具体的に、どのような影響があるのか、ということは解明されていませんが、胎児へ悪影響を及ぼす可能性ないとは言えません。


妊娠中でも使えるハイドロキノンがあります!

だけど、ホルモンバランスの影響でシミが増えるため、妊婦だからこそハイドロキノンを使いたいでしょう。

 

そういう場合、新安定型ハイドロキノンと言って、妊婦さんでも安心して使用出来る成分を配合したアンプルールがお薦めです。

 

アンプルールの新安定型ハイドロキノンなら、胎児に影響を与えることなくハイドロキノンの美白効果を得ることが出来ます。

 

 

 

美白コスメ選びの3つのポイント 美白成分を理解していますか? アンプルール体験レビュー

効果のある美白コスメを選ぶための押さえておきたい3つのポイントをわかりやすく解説!

 

>>詳細はこちら

 

美白成分には「予防型」と「漂白型」があります。効果のでない美白成分を選んでいませんか?

 

  >>詳細はこちら

多くのメディアでも紹介されている人気美なくコスメ「アンプルール」を実際に使ってみました。その効果は?

 

>>詳細はこちら

 


妊娠中はハイドロキノンは使えないの?関連ページ

美白オールインワンジェルって効果あるの?
オールインワン化粧品が流行っていますが、本当に効果があるのだろうか?
うっかり日焼けのケアがシミを防ぐ
海やプールに行ったり、夏の強い日差しの時に外出したりしてうっかり日焼けしてしまうことってよくありますよね?シミにならないか心配という方のためのケア方法
アルブチンではできたシミには効果なし!
美白成分のアルブチンというものがありますが、実はできてしまったシミには効果がありません。なぜなら・・・
シミに効果のあった化粧品
シミに効果のあった化粧品の最新情報!2012年のオススメ人気美白化粧品はどれ?
コスパの高い美白美容液
美容液や化粧水などの基礎化粧品を選ぶときに効果の高いものを選ぶのはもちろんですが気になるのがコスパ。なるべく安くて効果のある化粧品は?
ターンオーバーを促進してくれる美白化粧品
ターンオーバーを促進してくれる美白化粧品
厚生労働省が認める医薬部外品の美白成分とは
厚生労働省が認める医薬部外品の美白成分とは
妊娠中でも使える美白化粧品
妊娠中や授乳中も安心して使える美白コスメを紹介します
トラネキサム酸は妊婦が使っても大丈夫?
トラネキサム酸は妊婦(妊娠中)や授乳中にが使っても大丈夫なのか気になる方に
浸透する化粧品としない化粧品の見分け
化粧品は浸透しなければほとんど効果は得られません!でもどうやって浸透するのかしないのかがわかるのでしょうか?
エイジングも美白も
エイジングも美白もしたいと考えているなら