厚生労働省が認める医薬部外品の美白成分とは

厚生労働省が認める医薬部外品の美白成分とは

美白成分というのは肌の外側からではなく肌の内側から効く成分のことを言います。
肌の内側でメラニンの生成を抑える効果があるのです。

 

数ある美白成分の中でも厚生労働省が認める違約部外品としての美白成分が9つほどあります。
効果が高く、また安全性も高いことから敏感肌の方にも推奨できる成分です。

 

1つ目はアルブチンがあります。
コケモモから採れる成分で、即効性はないもののハイドロキノンと同じような美白効果が期待されています。
シミの生成に関わるチロシナーゼという酵素の分泌を抑える働きがあるのです。

 

2つ目がエラグ酸です。
イチゴから抽出されるもので、天然フェノール系の抗酸化物質です。
肌の老化を防ぎ、チロシナーゼの働きも抑制します。

 

3つ目はカモミラETで、カモミールから抽出されます。

 

4つ目はt-AMCHAで、シクロアミノ酸誘導体の一つです。

 

5つ目が消炎剤や止血剤としても使用されているトラネキサム酸で、白い粉末が特長となっています。

 

6つ目はビタミンC誘導体です。
ビタミンCには優れた抗酸化作用やコラーゲン増加作用など美白以外の効果もあり、美白化粧品にはほとんどの割合で配合されています。
しかし大変壊れやすい成分のため、肌に上手く浸透せずに表面で蒸発してしまうなど効果が薄れてしまうのです。
その浸透率を高めたのがビタミンC誘導体ですが、濃度が低くなりがちなので、高濃度の化粧品を選ぶことが大切です。

 

その他にもプラセンタエキスリノール酸ルシノールなどがあるので、美白化粧品を買う時には確認してみるとよいでしょう。


厚生労働省が認める医薬部外品の美白成分とは関連ページ

美白オールインワンジェルって効果あるの?
オールインワン化粧品が流行っていますが、本当に効果があるのだろうか?
うっかり日焼けのケアがシミを防ぐ
海やプールに行ったり、夏の強い日差しの時に外出したりしてうっかり日焼けしてしまうことってよくありますよね?シミにならないか心配という方のためのケア方法
アルブチンではできたシミには効果なし!
美白成分のアルブチンというものがありますが、実はできてしまったシミには効果がありません。なぜなら・・・
シミに効果のあった化粧品
シミに効果のあった化粧品の最新情報!2012年のオススメ人気美白化粧品はどれ?
コスパの高い美白美容液
美容液や化粧水などの基礎化粧品を選ぶときに効果の高いものを選ぶのはもちろんですが気になるのがコスパ。なるべく安くて効果のある化粧品は?
ターンオーバーを促進してくれる美白化粧品
ターンオーバーを促進してくれる美白化粧品
妊娠中はハイドロキノンは使えないの?
妊娠中(妊婦)や授乳中のハイドロキノンはダメなのでしょうか?最近は妊娠中でも安心して使える新安定型ハイドロキノンが登場しています!
妊娠中でも使える美白化粧品
妊娠中や授乳中も安心して使える美白コスメを紹介します
トラネキサム酸は妊婦が使っても大丈夫?
トラネキサム酸は妊婦(妊娠中)や授乳中にが使っても大丈夫なのか気になる方に
浸透する化粧品としない化粧品の見分け
化粧品は浸透しなければほとんど効果は得られません!でもどうやって浸透するのかしないのかがわかるのでしょうか?
エイジングも美白も
エイジングも美白もしたいと考えているなら