エラグ酸の効果と副作用や配合化粧品について

エラグ酸

エラグ酸は厚生労働省認定の医薬部外品としての美白成分にも認定されている成分で、ラズベリーやイチゴ、ナッツ類などの種子に多く含まれる成分です。

 

抗酸化作用が強いため、美白成分としてだけでなくアンチエイジングに関しても期待されています。

 

 

エラグ酸の効果

詳しい効果としてはシミを作らせる細胞であるメラノサイトに直接作用してシミを作らせないというものがあります。
シミを作らせる酵素であるチロシナーゼの働きを抑制するのです。

 

ポリフェノールの一種でもあるため、活性酸素の働きを抑制するという効果もあります。
この働きは美白効果だけでなく動脈硬化予防や心臓病、がんなどの病気の予防としても注目されています。

 

また、優れた抗酸化作用は肌の老化を防ぎ、若々しい肌に戻してくれるという効果もあります。

 

エラグ酸の副作用

エラグ酸はイチゴなど天然の植物に含まれる成分です。
人間が人工的に作り出した成分ではないので極めて安全性が高く、副作用の心配はほとんどないといってよいのです。

 

ただ、イチゴなど植物の花粉に対してアレルギー反応を引き起こす方は使用の際には注意した方がよいかも知れません。

 

万が一の可能性があるので一応医師に相談してから使用しましょう。
ただ、エラグ酸は種子から抽出される成分です。

 

種子油が原料なので、花粉はそれほど関係ないといえるでしょう。

 

成分の含有量や浸透率の高さは各化粧品によって異なるのでしっかりと確認してから使用するようにしましょう。

 

 

エラグ酸配合の美白コスメですが、探してみたのですがあまり多くありませんでした。
私は使ったことがないのでココで紹介するのを控えさせてもらいますね。

 

美白コスメ選びの3つのポイント 美白成分を理解していますか? アンプルール体験レビュー

効果のある美白コスメを選ぶための押さえておきたい3つのポイントをわかりやすく解説!

 

>>詳細はこちら

 

美白成分には「予防型」と「漂白型」があります。効果のでない美白成分を選んでいませんか?

 

  >>詳細はこちら

多くのメディアでも紹介されている人気美なくコスメ「アンプルール」を実際に使ってみました。その効果は?

 

>>詳細はこちら