美白化粧品を選ぶ3つのポイントとは?

保湿力のある化粧品を選ぶ!

美白化粧品って乾燥するものが多い・・。
とよく聞きますが、夏に使うものでさっぱりタイプが多いのは事実。

 

しかし、お肌が乾燥していたり荒れていては美白ケアをしても効果半減・・・。
それに乾燥しているとお肌がくすんで見えたり、トラブルを起こしやすくしてしまいます。

 

ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が入っている化粧品を選びましょう!

 

 

美白成分と量をチェック!

確かな美白成分が配合されている化粧品を選ぶことはとても大切です。

 

美白成分が入っているのは当たり前でしょ!
と思うかもしれませんが、実は「アルブチン配合!」と大きく書いてあっても、実はほんの少ししか入っていないコスメもあります。(安い商品に多い)

 

だから、成分表などを見てどの成分がどれだけ入っているかはチェックしなければいけません。
「えー!美白成分って言われてもよくわからない・・・」
という方は、「薬用」とか「医薬部外品」という商品を選びましょう

 

 

浸透しなければ意味が無い!

メラニンを生成するメラノサイトは、表皮の一番下の基礎層というところにあるので、どんなに良い成分が入っていてもそこまで届かなければ意味が無いのです。

 

最近の化粧品は、ナノテクなどを使って浸透性も優れているものが多いので、美白コスメを選ぶ際には浸透力もきちんとチェックしておきましょう!

3つのポイントをおさえた人気美白コスメはコレ!

上の3つのポイントを満たしている美白化粧品は次の2つです。
アンプルール
新安定型ハイドロキノン配合!
気になるシミにはスポット美容液!
ヒアルロン酸配合で保湿もできる!
マイクロカプセル処方でしっかり浸透!

ディセンシア サエル
敏感肌専門ブランド!
ビタミンC誘導体配合!
ヒト型ナノセラミドで浸透保湿!
コスパが安めで継続できる!

実際に使ってみた感想

27歳で出産をしたあとからどんどんシミが増えてきて、いろいろな美白化粧品を試してきました。

 

もちろんアンプルールもサエルも試してみたので、どっちがいいの?と思う方にアドバイスをしますね。

 

 

アンプルール

まず、アンプルールですが「新安定型ハイドロキノン」が配合されていて、できてしまったシミに効果が期待できます。
ピンポイントで使える美容液もあるので、濃い大きめのシミに集中攻撃できます。
また、ヒアルロン酸配合でしっかりと保湿もしてくれます。

 

 

「点と面のW美白」と言っているのですが、確かにアンプルールを使ったあとは顔のくすみが取れて透明感が実感できます。
できてしまったシミは個人差があると思いますが、渡しの場合は徐々に薄くなっているように思います。

 

一番違ったのは、翌日のツルスベ感。
アンプルールを初めて使った日の朝の驚きは今でも覚えています。
ずっと触っていたくなる感触で、化粧のりも全然違いました。

 

アンプルールの公式サイトはこちら

 

サエル

敏感肌専門ブランドということで使用感はとてもやさしい感じです。
強めの成分が入った化粧品を使うとピリっとしみることもありますが、サエルは全く問題無さそうです。

 

使っていくと、お肌のキメが整っていくのを感じます。
セラミド配合でしっかりと保湿もしてくれるので、お肌の調子がどんどん良くなっていく気がしますよ。

 

浸透力もあるし、炎症を抑えてくれる成分も入っているので敏感肌の方にはおすすめ

 

ただ、美白成分がビタミンC誘導体なので、効果には時間がかかると思われます。
敏感肌専門だけに、成分を抑えてじっくりコツコツ続けられるようになっています。

 

他の化粧品に比べるとコスパも安めなのが嬉しいですよ。

 

 

 

結論

私がおすすめするのはアンプルールです。
つけた瞬間に今までの化粧品と一味違うと感じました。

 

洗顔や化粧水にも新安定型ハイドロキノンが入っているので、効果に期待がもてます。
また保湿力も素晴らしいので、美白だけでなく、毛穴やシワなどに悩んでいる方にもオススメです。

 

ただ、コスパが少し高くなるので私のような庶民はライン使いはキビしい・・・。
だから、気に入った美容液とクリームだけ使っています。